gmenu01.pnggmenu01.pnggmenu02.pnggmenu02.pnggmenu03.pnggmenu03.pnggmenu04.pnggmenu04.pnggmenu05.pnggmenu05.pnggmenu06.pnggmenu06.pnggmenu07.pnggmenu07.png

htitle_endayori.png


優しく暖かな陽射しの中、春の花々が見頃を迎え、外遊びやお散歩の楽しい季節がやってきました。子ども達は新しいクラスの生活にも慣れ、好きな遊びに集中できるようになってきました。まだ、不安で泣いてしまう子どももいますが、一人ひとりの子どもの気持ちに笑顔でこたえ、見守っていきたいと思います。
5月1日には、新元号である令和へと変わります。令和とは「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ・希望に満ち溢れた新しい時代を切り開いていく」という祈り・願いが込められているそうです。天皇陛下の退位に伴う改元による長期の連休となりますが、ケガや体調を崩すことなく過ごし、休み明けは元気に登園できるようにしましょう。

日付 曜日 行事予定
7  少林寺拳法
8  食育指導(食品3群)すみれ組
9  食育指導(苗植え)すみれ組
14  手 話
15  避難訓練
 身体測定(ひよこ・たんぽぽ)
16  親子遠足(ひよこ組通常保育)
12  身体測定(もも・ちゅーりっぷ)
20  身体測定(ゆり・すみれ)
 さつまいもの苗うえ(以上児)
21  少林寺拳法
22  お誕生会
24  「ショートステイいいね」さんとの交流会(すみれ組)
27  「アイアックケアセンター」との交流会(すみれ組)
28  交通安全教室
29  手 話
30  児童健康診断

5月うまれのおともだち
よしだかいとくん 6さい
さとうこうがくん 4さい
さいとうかいりくん 3さい
たむらえいくん 2さい
たかはしそらくん 2さい
かすみあかりちゃん 2さい
ごないかわほのりちゃん 1さい

■よろしくお願いします

~ 鈴木沙莉亜(すずき さりあ)先生 ~

もも組さんの新しい先生です!
4月22日よりもも組のクラスで保育をしています!
子ども達は新しい先生に大喜び♪です!


■遠足のおしらせ

日 程: 5月16日(木)
行き先:盛岡市動物公園
    雨・・・秋田ふるさと村
集合時間:午前 8時30分(時間厳守!)
対象クラス:すみれ組・ゆり組・ちゅーりっぷ組
      もも組・たんぽぽ組
※ 詳しい内容につきましては4月18日に配布致しました「親子遠足について」と4月24日に配布しました「お知らせ」をご覧ください。
※0歳児のお友達(ひよこ組)は、保育園で通常保育(8:00~16:00)を致します。
  お迎え時間は、16:00となりますのでご協力お願いします。


■おねがい

1.集金・提出物・お薬を保育園に持ってきた際は、紛失・誤飲等を防ぐため、

必ず保護者の方が、保育士に手渡しをして頂きますようお願い致します。

2.登降園時に、お車での送り迎えの際は、園舎側に寄せて北向きで停めていただきますよう
  御協力お願いします。
  くれぐれも逆向き駐車や、園舎の反対側に停めることのないようお願いします。


■お休みするときは・・

体調が悪くてお休みするときや通院の為、登園がおくれるときなどは必ず保育園までご連絡下さい。
出席確認やお給食の人数確認のため、電話は朝9時までにお願いします。
子どもの組名、名前、理由、病院へ行く場合は症状も伝えてください。
また通院後、感染症と診断されたときは出席停止となりますので必ず園に連絡をお願いします。
尚、お休みする日が前もって分かっている時は、事前に担任にお知らせ頂いても構いません。
ご協力、お願いいたします。

■ひよこ組だより

集団生活が始まり一ヶ月が経とうとしています。
登園時、不安で泣く子ども達の姿を見て、保護者の方々は心配な思いをしながらお仕事に行かれたことでしょう。
初めは、泣いておんぶをしたり、寝てもすぐに目覚めてしまっていましたが、少しずつ子ども達の姿が変わってきて、「今日は布団で寝れたね」「ミルクをゴクゴク飲めたね」「おもちゃで遊べているね」と生活に慣れていく、ひとりひとりの姿を嬉しく感じながら過ごしています。
これからも子ども達の気持ちを受け止め、食欲・睡眠・遊びなど、安心して過ごせるように愛情豊かな関わりをしていきたいと思います。

ひよこ組
食べる、眠る、遊ぶなど生理的欲求を満たし、安定したリズムで機嫌よく過ごす。

たんぽぽ組
保育者や友達と共に、安心して日々の生活を送り、活動や遊びを楽しむ。

もも組
保育者といっしょに全身を使った運動遊び楽しむ。

ちゅーりっぷ組
身近な自然に触れながら、元気に身体を動かして遊ぶ。

ゆり組
身近な自然に触れながら、興味や関心を高めていく。

すみれ組
自分達の思いや考えを出し合いながらあそびや生活を進めていく事を楽しむ。